シアリスの飲み合わせの注意とは

シアリスは、今注目されているED(勃起不全)治療薬の一つです。

EDというのは、性交時に十分な勃起が得られなかったり、十分な勃起が維持できないため満足な性交が行えない症状の事です。

原因としては加齢が主ですが、ストレスや飲酒、喫煙などの生活習慣により、若い世代にもEDは増えています。

一番初めに開発されたED治療薬は有名なバイアグラですが、短時間しか効果がない事や副作用が強い事、服用時間が決められているなど、規制が多いものです。

しかし、シアリスは最長36時間の効果があり、空腹時などでも服用が可能で、穏やかな効き目のため副作用を感じる人の割合がバイアグラよりも低く、その自由度の高さから、人気となっています。

このように自由度の高いシアリスですが、日本では処方箋医薬品として医療機関向けにしか販売されていません。

インターネットで多く見かけるものは、海外製品を個人輸入してくれる代行業者になり、日本で認可されている正規品ではありません。

日本で認可されている正規品がどうして簡単に手に入れることができないかというと、併用禁忌など、飲み合わせに注意しなければいけない事が多数あるからです。

シアリスは、高血圧や低血圧、心臓病の方、未成年の服用は禁止されています。

またニトログリセリンなどの心臓病を治療する薬を服用している方は絶対に服用してはいけません。

また、服用後24時間は降血圧薬の服用は禁止されています。

シアリスの作用は血管の筋肉を緩めて血流量を多くすることにより、勃起を起こさせ持続させてくれるため、血圧系や心臓病の薬や病気がある方には飲み合わせの悪い医薬品になってしまいます。

特に、ニトログリセリンを服用している方はバイアグラやレビトラという他のED治療薬の服用も禁止されています。

他にも飲み合わせの悪い薬はあるので、服用している薬がある場合には、薬の名前がわかるようなお薬手帳などをもって病院を受診するようにしましょう。

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<